部屋を自分流にアレンジする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
購入した住宅とは違って、賃貸物件の所有権は、自身に存在する訳ではないため、我が家に対する愛着が湧きづらいという問題があります。
また、新築の物件とは違い、借りものの住居には、他の入居者が使い古した設備や備品などが数多く存在するため、見た目や使い勝手が悪いという難点もあります。
そのようなリスクを軽減するためには、構造部分に手を加えない程度のインテリアコーディネートやリフォームを行ったり、物件の管理者による定期的なリフォームや、全戸一斉の機器交換などを利用したりするのも良いと考えられます。
例えば、釘などではなく、テープや突っ張り棒などといったアイテムを使ったり、以前の入居者が残した釘穴などを有効活用したりすれば、構造部分を傷つけることなく、お部屋を自分好みにアレンジすることが可能になります。
ただし、テープの中には、はがした跡が残るものも少なくありませんから、注意する必要があります。
また、突っ張り棒を使う場合には、耐荷重などにも気をつけることが必要になります。
そして、以前の住人があけた釘穴などを使う場合には、耐荷重が軽くなったり、釘がぐらついて上手く打ちつけられなかったり、さらに釘穴が開いて構造部分に影響を与えたりすることが少なくありませんから、気をつけなくてはいけません。
また、入居する際、前の住人があけた穴があることを管理者に伝え、確認を取っておかないと、後からトラブルに巻き込まれることもあり得ます。

Copyright (C)2017賃貸生活にもメリットあります!〜物件購入にはないこんなポイント〜.All rights reserved.