購入物件と比較する場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
購入物件と賃貸住宅との間には、将来自分の持ち家になるか否かという、資産価値の違いがあります。
物件を購入する場合には、土地や建物の購入価格を支払う必要があるので、多額のイニシャルコストが掛かることになります。
ただし、住宅ローンを組むことによって、初期費用を安くして、賃貸の家賃や共益費などを支払う間隔で、月々のローン返済を行うことも可能になります。
ただ、ローンは、借金の一種ですから、返済能力があるかどうかを知るための厳しいチェックが入る他、物件を退去したとしても、ローン残債の支払い義務は残存することになりますから、注意することが必要です。
それに対して、賃貸物件の場合には、いくら賃料などを払い続けたとしても、将来、自分の資産として残るものは何もありません。
しかしながら、物件を退出した後、何らかの費用を請求される心配はありませんから、比較的気軽に住居を移転することが出来るというアドバンテージがあります。
ただし、物件を退去する際には、退去予定日の一か月前までに管理者へ申し出ることが必要となる他、入居者の故意・過失にかかわりなく、経年劣化や日常的な使用によって生じたものを除いた建物や設備の汚損、破損箇所の原状回復費用を請求されることがめずらしくありませんので、気をつけなくてはいけません。
その種のコストを出来るだけ減らすためには、入居時に、管理者立ち会いのもとで不良箇所を確認したり、自ら補修やメンテナンスをしたりすることも大切です。

Copyright (C)2017賃貸生活にもメリットあります!〜物件購入にはないこんなポイント〜.All rights reserved.